6社を厳選比較!標的型攻撃対策サービス

top > 標的型攻撃対策サービス > 標的型攻撃のセキュリティ対策の考え方

標的型攻撃のセキュリティ対策の考え方

インターネットでのサイバー攻撃では無差別な攻撃と標的型攻撃のように標的を明確にして、準備を万全に整えて攻撃を仕掛けてくる場合があります。
無差別な攻撃においては、ウイルス対策ソフトやファイアーウォールなどで対処できることも多いのですが、標的型攻撃の場合には、それらの対策をかいくぐり侵入させるように準備をしてくるわけですから、今までの既存の対策では対処できない場合が多くなります。
そうなるとセキュリティ対策の専門家や専門業者と協力をして被害を受けにくくするシステムを構築する必要があります。
攻撃される可能性のある組織においてはとくに早めの対処が必要になります。
多層防御の考え方や攻撃をしてくる側の通信のやりとりなどからウイルスをあぶりだす方法なども必要になります。
こうなると素人では対処できないので、防御の専門家と対処するしかありません。



サイバー攻撃での標的型攻撃のパターン

サイバー攻撃での標的型攻撃の場合には、一度だけ攻撃するということはあり得ず短い時間に連続して攻撃を仕掛けてくるという方法になります。
攻撃をされていることがわかってしまえば、当然ながら対抗策を実行されてしまうからで、できるだけはなく連続的に攻撃を仕掛けてくるということでサイバー攻撃を成功させる必要があります。
また潜入している不正なプログラムをできるだけ早く確認して排除するということも必要になります。
バックドアなどとも言われますが、プログラムなので必ず通信などを通して指示を受けたりします。
それらの通信の状況などもわかるようにしておくと見つけやすくなります。
また、侵入されても情報を漏洩されたり、システムを乗っ取られたりしなければよいので、その部分だけセキュリティを強化するという方法も考えておくべきかもしれません。



標的型攻撃メールに関する基礎知識

近ごろ、所定の会社組織に向けた標的型攻撃メールによりまして、価値のある情報が盗られる事件が多発しています。
これは、不特定多数にばらまかれるオーソドックスな迷惑メールでは無くて、ターゲットにした組織より価値のある情報を盗ることなどをその目的としまして、組織の実務担当者が会社の業務と関連するメールと信じ込んで開封するよう抜かりのないように作り込まれたウイルス有りのメールということを意味します。
少し前までは大手企業などがメインに狙われていたわけですが、ここにきて地方自治体や中小零細企業もその標的となっています。
会社組織の中のたった一人の社員が、標的型攻撃メールの添付されているファイルを開いたり、マウスでクリックしただけでも、情報そのものを盗み出すウイルスに感染させ、限られた人にだけ公開する情報が漏洩する事がもたらされることがあります。

次の記事へ