6社を厳選比較!標的型攻撃対策サービス

top > 標的型攻撃対策サービス > 標的型攻撃から自身を守るためには

標的型攻撃から自身を守るためには

仕事やプライベートで欠かすことが出来ないインターネットですが、使用するにあたって注意が必要なのがコンピュータウィルスです。
そして、最近特に耳にするのが「標的型攻撃」とよばれるタイプです。
これは無作為に攻撃される一般的なコンピューターウィルスと比較して、特定の企業や団体などを攻撃して、金銭などの取得を目的としているものを言います。
「世間を騒がせたい」という漠然としたものとは異なり、実質的な利益を狙ったものと言えるでしょう。
我々が取り得る対策としては、何よりもウィルス対策ソフトを導入することです。
そして同時に重要なことは、OSやアプリケーションを常に最新のものにアップデートしておく、知らない人からのメールを容易に開封しない、怪しげなサイトを訪れたり、リンクをクリックしない、などに注意をすることです。
絶対に被害を防ぐことは出来ないかもしれませんが、これらを守ることで危険性はかなり低くなるはずです。



標的型攻撃による被害と対策の重要性

現代社会はインターネットに依存する仕組みとなっているため、セキュリティ対策は最新状態の維持が必須です。
しかし、近年増えている標的型攻撃はピンポイントで仕掛けてくることから、高度な技術の対策と対処が求められます。
例えば、機密情報を扱う組織が被害に遭遇した場合、システムの復旧や問題の除去だけでは収束できません。
情報流出による被害が数万人レベルも珍しくはなく、社会問題とともに会社や組織の信用失墜は避けられないでしょう。
これまでのような無差別タイプはセキュリティソフトでも防御可能でしたが、標的型攻撃は専用の対策が必要です。
標的にされた企業や組織は、気がつかなかったというケースが多数であり、セキュリティ会社のサポートが欠かせないといえます。
また、いつ攻撃対象となるかわからない時代ですので、会社や組織の規模にかかわらず、トラブル発生を想定した行動計画も重要です。



標的型攻撃の対策は入口対策だけは無く出口対策も

常日頃から企業や個人を対象としたサイバー攻撃である標的型攻撃が相次いでいます。
一度被害に遭えば大きな被害を被ることもあります。
なのでその対策はしっかりと実施しておきたいです。
ただその対策といっても主に2つに分類することができます。
まずはマルウェアの侵入を封じたり、その感染をコンピュータにさせないように防ぐ入口対策。
もう1つは万一感染してしまった場合に情報流失を防ぐ出口対策があります。
コンピュータにひょ準装備されているファイアウォールやウィルス対策ソフトは入口対策の分類です。
ただこれだけでは標的型攻撃を完全に防ぎきることは不可能といえます。
なので入口対策を行うのはもちろんですがそれと平行して出口対策も導入する必要があります。
こうすることで万が一入口対策が突破されコンピュータ内に侵入されても出口対策で情報の流失を抑えれます。

次の記事へ