6社を厳選比較!標的型攻撃対策サービス

top > 標的型攻撃対策サービス > サイバー攻撃の一種である標的型攻撃

サイバー攻撃の一種である標的型攻撃

現代社会は高度情報化社会ですので、IT機器なしには成立しません。
インターネットで様々な情報を簡単に収集することが可能となっています。
反面、インターネットを通じてパソコンが外部と接続されていることになります。
このため、外部からの侵入により、重要な情報を抜き取られる危険性も高まっています。
ファイアウォールを巡らして防御を行っていますが、IT機器の進展により、それを破る技術も進化しています。
サイバー攻撃の一つに、標的型攻撃があります。
これは、政府や公共サービス機関、高度な知的財産権を有する企業など、特定の組織内の情報を狙って行われる攻撃で、その組織の構成員に対してコンピュータウイルスが添付された電子メールを送ることなどで攻撃が行われます。
この攻撃の特徴は、偽装メールと不正プログラムの組合せにより行われることにあります。
一見すると正当に見える発信元によるメールを送り、正当な文書に見えるWebサイトにアクセスさせ、不正プログラムをインストールし、継続的に情報が盗み出されることになります。



標的型攻撃が最近増加しています

インターネットが普及して今では生活に欠かせない存在となりました。
ビジネスの世界でも様々な用途でインターネットが利用されています。
インターネットを悪用した犯罪行為も増加していることからは目が離せません。
ウイルス感染や個人情報漏洩など企業にとっては情報セキュリティがとても重要になっています。
その中でも最近特に注目さあれているのが標的型攻撃と呼ばれる犯罪です。
電子メールを利用することが多いこの犯罪は特定の企業を狙ってウイルスファイルを開かせることが目的です。
巧妙なメール件名と本文になっているため、取引先からのメールだと勘違いをして開いてしまうことで被害が発生します。
標的型攻撃を避けるためには、メールの送り先のアドレスを確認することです。
フリーメールから送られていたら添付ファイルを開くのは止めましょう。



標的型攻撃を避けるためのポイント

インターネットを使った犯罪が増加しています。
世界中のハッカーが特定の企業を狙って攻撃を仕掛けるのか標的型攻撃とよばれる犯罪です。
今年だけでも大企業が狙われてサーバーがダウンしたり、個人情報漏洩が起こったりと深刻な被害が出ています。
これを避けるためには従業員への情報セキュリティ教育が有効です。
eラーニングと呼ばれるインターネット上の通信教育は多くの企業が既に導入しています。
また、抜き打ちで訓練メールを送って実践的なトレーニングをすることも行われています。
標的型攻撃は電子メールを使われることが多く、ウイルスファイルが添付されているため、電子メールの取り扱いには注意が必要です。
送り先のアドレスを確認したり、心当たりがないメールは開かない等が大切です。
一度感染をすると、一気に被害が進みますので、防衛が重要です。

次の記事へ