6社を厳選比較!標的型攻撃対策サービス

top > 標的型攻撃対策サービス > インターネットのセキュリティ対策と標的型攻撃

インターネットのセキュリティ対策と標的型攻撃

インターネットを利用してビジネスなどを行っている場合には、サイバー攻撃やウイルス対策としてのセキュリティ対策が欠かすことができません。
とくに最近話題になる標的型攻撃では、標的を絞り込んでサイバー攻撃を仕掛けるので、サイバー攻撃を仕掛ける側も、準備を整えて攻撃を仕掛けてくるということになります。
そうなると攻撃を受ける側も、それなりの対策を立てる必要があります。
対策としてはウイルス対策ソフトやファイアーウォールなどで対策を立てるという考え方になりますが、それだけでは防ぐことができないのが現状です。
セキュリティ対策の基本的な知識や会社の社員のセキュリティ対策の意識、そして専門家の意見を聞いてのプロから見た対策も立てる必要があります。
自社に攻撃する価値が見いだせなくても、踏み台として狙っているという場合もあるので十分な注意が必要になります。



サイバー攻撃での標的型攻撃の狙い

ビジネスを行っている場合には、インターネットを利用するのでサイバー攻撃の対象にならないようにセキュリティ対策を十分立てておく必要があります。
標的型攻撃の狙いとしては、ニュースなどでもわかりますが、特定の組織の情報を狙って攻撃をされています。
子にの組織などでの話題もありましたが、メールを使ってウイルス感染をさせて攻撃を仕掛けてきます。
今はその方法ですが、これからはますます進化した方法で攻撃を仕掛けてくることも予想されます。
そのためにも、サイバー攻撃やウイルスに関しての情報をできるだけ早く確認して対処するような体制が必要になります。
そのためにもウイルス対策の専門の実績のある業者に依頼して、自社内のシステムにセキュリティホールがないかどうかを常にチェックしておく必要があります。
被害を受けてからでは遅いので、データの重要度を考えて対処しておく必要があります。



標的型攻撃の対策としての問題意識

サイバー攻撃での標的型攻撃のニュースなどを見ると、被害を受けた社内の人々の意識が高ければ、被害に遭わなくても済んだのではないかと考えられる例が多くありました。
例えば安易にメールを開いてしまったとか、アクセスキーなどの管理がずさんだったとか、被害の状況に疑問を持って早く対処しなかったとか、人災とも考えられる例もあります。
もしセキュリティ対策教育が行き届いていたならば、避けることができたかもしれないということもあります。
例えば万全のセキュリティ対策を導入していても、社員側で簡単に情報漏洩ができてしまいっていたということなどもあります。
そうなるとシステムのセキュリティ対策の強化とともに、社員の意識改革もセキュリティ対策として行っていかなければならないということにもなります。
システムと組織内の人間の両方からセキュリティホールを取り除く必要があります。

次の記事へ