6社を厳選比較!標的型攻撃対策サービス

標的型攻撃にしっかりと対応するためにも

情報化社会の今日、最も恐ろしいと言われているものの一つが標的型攻撃です。そこで今回は、そんな標的型攻撃から企業の大切な情報を守ることが出来るセキュリティサービスの導入を検討している方に向けて、こちらの比較サイトを紹介します。

こちらの比較サイトを活用するメリットは、何と言ってもわざわざご自身で各セキュリティサービスの比較を行う必要がない点です。比較サイトでは、様々な面から各セキュリティサービスを徹底的に比較しているからこそ、一人一人のニーズに合わせたサービスを簡単に探すことが出来ます。

標的型攻撃と言っても攻撃方法は当然異なります。また各企業でセキュリティサービスに求めているニーズは当然異なります。だからこそ、こちらの比較サイトを上手に活用し、ご自身に最適なセキュリティサービスを探し出しましょう。

NTTテクノクロス

POINT

  • システムで自動検知してユーザへ注意
  • 繰り返し訓練が行える標的型メール攻撃
  • 標的型メールによる攻撃を未然に防止
総合評価
★★★★★
サービス性
★★★★
利便性
★★★★
利用満足度
★★★★★
情報量
★★★★

NTTテクノクロスのサイファークラフトメール標的型メール対策は、過去のメールパターンを学習しておき、いつもと異なる特徴や標的型攻撃に似た特徴のメールをシステムで自動検知して、ユーザへ注意を促してくれます。

運用管理者が社員に標的型メール攻撃に見せかけた通知を行うことができます。繰り返し訓練が行えるため、社員に標的型メール攻撃に対する危機意識を日常的に高めることができます。訓練通知に対して受信者の確認行為データはサーバ側に蓄積され、対応状況を集計することが可能です。

不審なメールの受信前検知や隔離と、定期的な訓練によるユーザへの意識付けで、標的型メールによる攻撃を未然に防止します。お使いのメール環境はそのままで、簡単に利用できます。

WebARENA(メールホスティング)

POINT

  • サービスの安定性を支える数々のアタック対策
  • 標的型攻撃/標的型メールへの対策
  • 充実の様々なセキュリティ機能を提供
総合評価
★★★★★
サービス性
★★★
利便性
★★★
利用満足度
★★★★★
情報量
★★★

WebARENA(メールホスティング)では、16年以上にわたるサーバー運用の実績とノウハウを活かし、何重ものセキュリティ機能によって、標的型攻撃に代表されるような、様々な脅威からお客さまのメールサーバーを守ります。

攻撃者がターゲットの情報収集を行う為、事前にメールアドレス収集やパスワードクラックなどの不正アクセスの痕跡を残すケースも多くあり、攻撃者のこの痕跡を素早くキャッチし、防衛することも有効な対策です。WebARENA(メールホスティング)では、DKIM/SPFフィルター、ディレクトリハーベストアタック対策、ブルートフォースアタック対策、ファイアウォール/IPSで対策します。

送信保留(送信取り消し)、マイナンバー自動検出フィルタ、添付ファイル自動暗号化、メールアーカイブといった情報漏えい対策をはじめ、外部からの不正アクセス防止、アクセス制御などのセキュリティ機能があります。

DAOU JAPAN

POINT

  • 日本国内において1500社以上の導入実績
  • 「TERRACE MAIL Security」はメールセキュリティをもれなく実現
  • オールインワンで提供する「TERRACE MAIL Security」
総合評価
★★★★
サービス性
★★★★★
利便性
★★★★★
利用満足度
★★★★
情報量
★★★★

DAOU JAPANは、インターネットコミュニケーションインフラであるメールソリューションの自社開発を中心に、メールセキュリティソリューションをはじめ、クラウドサービス、ITトータルセキュリティソリューションを展開しています。日本国内においては、官公庁、教育機関、金融機関、ISP 、一般企業などに1500社以上の導入実績があります。

スパムメールやウイルスメール、標的型攻撃メールの遮断に加え、メール無害化、誤送信メールの防止など、誤送信メールの防止など、メールセキュリティに必要な機能をオールインワンで提供するEメール専用統合セキュリティソリューションです。

メールセキュリティに必要な各種機能を、優れたコストパフォーマンスや高精度の防御能力などにより提供します。すべての機能は統合された管理画面で運用可能です。導入十世紀は、高いセキュリティ性能と信頼により、裏付けられています。

マクニカネットワークス

POINT

  • これまでに導入された企業が公開
  • セキュリティ技術を最大限に活かして、安心出来る商品を提案
  • 安心して仕事が出来るように、ハードウェアの保守サービスによって障害を防ぐことが出来る
総合評価
★★★
サービス性
★★★★
利便性
★★★★
利用満足度
★★★
情報量
★★★★

マクニカネットワークスは、企業向けネットワークやセキュリティ関連ハードウェア、ソフトウェアの輸出入など行ってます。最近、パソコンやネットワークに機能が向上してることから、特定のの企業を狙う標的型攻撃で悩んでる所が多くなってるので、セキュリティ技術を最大限に活かして、安心出来る商品を提案することが出来ます。

これまでに導入された企業が公開されてることから、信頼感が持て、検討する時の参考にすることが出来るようになってます。セキュリティに関して強い会社と、広い範囲に知られてることから、多くの企業に対して信頼されてます。

安心して仕事が出来るように、ハードウェアの保守サービスによって障害を防ぐことが出来ます。標的型攻撃の対策だけでなく、攻撃を止める対策や止めない対策に関してサポートしてます。

富士通マーケティング

POINT

  • 未知のマルウェアに対抗することができる
  • システムの運用自体を任せることができる
  • 定期的に攻撃の状況などをレポートしてもらえる
総合評価
★★★★
サービス性
★★★★★
利便性
★★★★
利用満足度
★★★
情報量
★★★★

大企業になると、標的型攻撃を受けることが多くなります。ですから、中小企業に比べると、対策をしていても被害に遭いやすいです。富士通マーケティングでは、未知のマルウェアによる感染を防ぐことができる仕組みを提供してくれます。

ウイルスソフトを入れたはいいが、実際にどうやって管理をするか、感染した時にはどうするかなどの疑問があるでしょう。富士通マーケティングでは、標的型攻撃に対応するサーバの運用を任せることができます。知識が無くても導入可能です。

マルウェアに攻撃された時、一定の対策を行っていれば感染などの被害には遭いません。すると、問題がないと考えてしまいます。富士通マーケ―ティングでは、定期的にマルウェアの見地状況などを知らせてくれるので、問題の状況を把握しやすいです。

富士ゼロックス「beat」

POINT

  • ビジネスに不可欠なネットワークセキュリティー対策をオールインワンで提供
  • リモート監視、ネットワーク監視によりネットワークの管理者を強力にサポート
  • セキュリティー対策をはじめとする多彩なサービスをオールインワンで提供
総合評価
★★★
サービス性
★★★
利便性
★★★
利用満足度
★★★★
情報量
★★★

インターネット上で交わした情報は、その情報媒体管理者にどこまで知られるものでしょうか。例えばGoogleで多くの人が情報を交わして、貯めていきます。企業や団体での標的型攻撃の対策としてはどんなものがあるでしょう。

富士ゼロックス「beat」は24時間365日、セキュリティを守り続けるサービスなので安心して日々の業務に集中出来る環境が出来、コストも大幅に下げられ、障害発生時の対応や操作に関する説明などのサポートはコンタクトセンターにて、専任オペレーターが電話で対応してくれます。

個人情報漏洩が騒がれる昨今、ますます企業や団体の信頼が問われているので、セキュリティー対策に関してはプロのアウトソーシングに任せて標的型攻撃に備え対策するのが賢明と言えるでしょう。

サイバー攻撃での標的型攻撃の対策の基本

日常生活ではインターネットの利用は欠かせなくなっていますが、サイバー攻撃やウイルスなどの対策も不可欠になっています。サイバー攻撃も進化していて、驚く速さで標的型攻撃などのような高度な攻撃も増えています。最近はランサムウェアなどの攻撃も増えていて、ニュースなどでも頻繁に話題になっています。以前はサイバー攻撃も大企業や金融機関などでしたが、今では中小企業や個人まで攻撃をされています。そのためどうしても対策が必要になるということですが、その基本的な知識や最新の情報なども理解することが必要になっています。個人の場合には、自分のことなので、自分が被害に遭わないように真剣に対策を立てますが、会社などの場合には、案外他人ごとのようにルーズになる場合もあり、そこが狙われるということになります。

とくに標的型攻撃は、攻撃相手が絞られているということで、相手も攻撃をする対象をよく理解して攻撃をしますので注意が必要になります。サイバー攻撃で被害にあう場合には、セキュリティホールが意外なところに空いていたりします。例えば会社では社員などの問題意識のなさなどです。基本的なセキュリティ対策を理解しているだけで対処できたかもしれないのに、安易に対処してしまうことでウイルスに感染をしてしまったという場合も多くみられます。メールなどでも安易に開いてしまい、あっという間に感染してしまったということもありました。そうなると、サイバー攻撃やウイルス対策や標的型攻撃などでは、担当者や社内の社員の問題意識が非常に重要になるということがわかります。セキュリティ対策の社内教育も重要です。

サイバー攻撃や標的型攻撃、ウイルス対策では、専門家に依頼をして、自社のセキュリティ対策がどのくらい効果があるのかを見てもらうということも重要です。最先端の情報から対策を立てている専門業者は、危ない所やセキュリティホールになりやすい所もよく理解していますし、侵入経路なども理解しています。またサイバー攻撃やウイルスの最新情報も常にチェックをしているので、今どんな対策が必要なのかも理解しています。それらを参考にしながら自社に合ったセキュリティ対策のシステムやルールを構築するということが、必要不可欠の対策ということになります。信頼や実績がある業者を選び、自社のシステムに合ったセキュリティ対策のシステムを構築するということが非常に重要になっている日本の社会ということになります。